ブログトップ

働き盛りの、助産師ブログ

g3phl5kz.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は4月23日、昨年秋に続く「事業仕分け」の第2弾をスタートさせた。今回仕分けの対象になるのは、独立行政法人(独法)と政府系公益法人。4月中に予定されている前半では4日間にわたって、独法を中心に47法人の151事業を、その必要性や有効性、効率性などの観点から多角的に検証する。このうち厚生労働省が所管するのは、福祉医療機構や国立病院機構など7法人19事業。

 仕分け作業に先立って行われた開会式で、枝野幸男行政刷新担当相は、「これだけたくさんの皆さんに関心を持たれたということは、この国の税金の使われ方に大きな問題があることの裏返し。去年の仕分けだけでは不十分で、もっと(税金の)使われ方を国民に明らかにして変えていけという強く大きな声の証しが、今の状況だと理解している」と述べた。その上で、「ここでの議論はもちろん、この議論を踏まえた制度改革というものを行政刷新会議としては見据えていきたい」と、仕分けに当たる意気込みを示した。
 また、厚労省所管の独法などを担当するワーキンググループの菊田真紀子衆院議員は、「前回の仕分け後には国民から批判や不満、厳しい言葉もあったが、だからこそ誰かが先頭に立ってやっていかないといけないという強い覚悟と決意だ。皆で一丸になって、独法やさまざまな公益法人の見直しに取り組んでいきたい」と決意を述べた。

 この日は、計28事業について独法側と仕分け人が議論。このうち医療関連の対象事業は、▽福祉医療機構の福祉貸付業務など3事業▽労働者健康福祉機構の労災病院業務のうち産業保健推進センター業務(助成金事業を除く)など4事業▽国立病院機構の診療事業―の計8事業。


【関連記事】
PMDA省内仕分け、好意的意見続出
研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相

<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)
保険証詐取の元組員ら再逮捕 振り込め詐欺に悪用か (産経新聞)
タケノコは給食、皮は卒業証書 江戸川区の篠崎第5小学校(産経新聞)
5人殺傷、容疑者のネット解約翌日だった(読売新聞)
山崎直子飛行士 赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-24 02:57

自民党 舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は19日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、「新党の『し』の字も話していないのにメディアが先走り、迷惑した」と新党志向を事実上、軌道修正。そのうえで同氏を批判した同僚議員を名指しして反論した。

 舛添氏がやり玉に挙げたのは、先週、「オオカミ中年。(党を)明日にも出た方がいい」と酷評した後藤田正純元内閣府政務官。後藤田氏が県連会長を務める徳島県で、同党の参院選候補者選考が混乱したことを指摘し「県連を崩壊に導いた人は責任を感じるべきだ」と応酬した。

 舛添氏の「弁明」は1時間の講演時間をオーバー、予定していた質疑応答は中止になった。

【関連ニュース】
舛添前厚労相:新党に触れず 東国原知事と会談
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず
舛添氏:執行部を批判「国会対策あまりに稚拙」
鳩山氏離党:与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」

<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布−成田空港会社(時事通信)
増税路線へ転換模索=削減限界、与野党協議に活路−鳩山政権(時事通信)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-21 11:59

14日も暴風、高波に警戒を=北海道と東北−気象庁(時事通信)

 日本海にある低気圧が急発達しながら北東へ進んだ影響で、13日は北海道と東北の日本海側を中心に、雨が降るとともに非常に強い風が吹き、海は大しけとなった。気象庁は、14日にかけて暴風や高波のほか、吹雪による交通の乱れに警戒するよう呼び掛けた。
 低気圧は14日朝にはサハリン付近に達する見込み。しかし、日本海上空に強い寒気が流れ込み、日本付近は同日夜にかけて強い冬型の気圧配置になるという。
 札幌市では13日午後3時半ごろ、最大瞬間風速が30.8メートルを記録した。14日にかけての予想最大風速は、北海道と東北の日本海側の海上が25メートル、陸上が20メートル。波の高さは北海道から北陸の日本海側が6〜7メートル、北海道の太平洋側が5メートル。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

祭りの御柱倒れ4人下敷き、うち1人が死亡 長野・千曲 (産経新聞)
岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-17 08:51

<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)

 上野公園(東京都台東区)で花見をしていた女性から財布を奪い殴ったとして、警視庁上野署は5日、東京都板橋区氷川町、JR東日本東京支社車掌、筒井太一容疑者(23)を事後強盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。筒井容疑者は「奪った記憶はないが、気付いたら財布を持っていた」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は、3日午後6時20分ごろ、上野公園内で花見をしていた女性会社員(31)の手提げバッグから現金約3万円が入った財布を奪い、被害に気付き追いかけた女性の頭を殴ったとしている。

 上野署によると、筒井容疑者は同僚らと花見をしており酒に酔っていた。女性の知人の男性会社員(24)がその場で取り押さえ、110番で駆けつけた上野署員に引き渡した。

 JR東日本東京支社は「当社の社員がこのような事件を起こし誠に遺憾。社内の規則に従い厳正に対処したい」とコメントした。【神澤龍二】

【関連ニュース】
公務執行妨害:パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州
強奪:3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜
強盗:パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川
強盗容疑:万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕

ギョーザ事件 急転直下の容疑者逮捕でも依然残るナゾ(産経新聞)
春への道着々 立山黒部アルペンルートで開通準備(産経新聞)
化粧品販売会社に業務停止命令=グレース・アイコ、3カ月間−近畿経産局(時事通信)
「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-12 14:34

小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月5日、「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)の会合を開いた。改正臓器移植法の7月施行を前に、同法に関する省令やガイドラインの策定に向けて下部組織が議論した小児からの臓器提供をめぐる課題について、各担当者が検討結果を報告。厚労省では、これらの内容を踏まえた素案を4月下旬をめどに作成する方針で、次回の同委員会に諮った上で、5月中旬にもパブリックコメントの募集を開始する。

 会合では初めに、改正臓器移植法をめぐって小児からの臓器提供を制度面から検討した「小児からの臓器提供等に関する作業班」の新美育文班長(明大法学部教授)が報告。同作業班の議論で最大の焦点となった被虐待児への対応については、「担当医だけで虐待の有無を判断せず、ソーシャルワーカー等を交えた虐待診療を通じて判断する」とし、「虐待が児童の死亡に関与していた疑いや、虐待を受けた疑いそれ自体が否定された場合には、臓器提供は可能」と結論付けた。
 続いて、小児の法的脳死判定基準について医療従事者が中心になって研究を進めたグループが、脳死下臓器提供者から被虐待児を除くためのマニュアルを発表。マニュアルでは虐待の可能性が疑われるケースについて、▽新旧の複数の外傷などを見つける「虐待に特徴的な皮膚所見」▽交通事故以外で発生した硬膜下血腫などを見つける「頭部CT」―など5つのカテゴリーで18項目にわたるチェックリストに照らし、その結果によって取るべき対応方法をフローチャートに示している。

 これらの報告に対して委員からは、「虐待の疑い例を、疑いなしと判断するところは極めて重要。より慎重な議論が必要」「脳死判定は、虐待対応の人も加わったチーム医療であるべき」などの声が上がり、医療現場の虐待をめぐる判断や対応については、次回も議論を継続することになった。


【関連記事】
児童死亡に虐待の深い関与なければ臓器提供可能に―厚労省作業班が提言へ
「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で

麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
<訃報>宇梶輝良さん77歳=国学院大前理事長(毎日新聞)
神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質−群馬大大学院(時事通信)
東京都心で桜満開=平年より4日早く(時事通信)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-07 02:49

バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)

 大阪府高槻市の市道でスイミングスクールの送迎バスが道路の側壁に衝突し、運転手の大山晃永さん(65)=同市南大樋町=が死亡、児童らが軽傷を負った事故で、大山さんが事故直前、心臓発作を起こした可能性があることが30日、府警高槻署の調べで分かった。同署は業務上過失致傷容疑で事故の状況を調べている。
 また、事故当時、大山さん以外に児童の母親1人を含む14人が乗っており、全員が軽傷を負っていたことも分かった。
 同署が大山さんの遺体を司法解剖したところ、直接の死因はバスが炎上したことによる焼死だったが、心臓が肥大しており、不整脈で発作を起こした可能性を指摘されたという。今後病理検査して、さらに詳しい状況を調べる。 

【関連ニュース】
送迎バス事故で11人死傷=運転手、直前に意識失う?
転覆した車に高速バス追突=中国自動車道、2人死傷
ふそう元会長らの有罪確定へ=三菱自虚偽報告、罰金20万円
路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕

<保険金殺人>上申書の元組長が上告 懲役20年不服(毎日新聞)
普天間移設「極力県外に」=鳩山首相(時事通信)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)
<申告漏れ>EXILE所属の芸能プロが3億円…国税指摘(毎日新聞)
<地震>茨城県南部で震度3=午前10時29分(毎日新聞)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-04-02 11:01