ブログトップ

働き盛りの、助産師ブログ

g3phl5kz.exblog.jp

リンゴやミカン、果物の押し売り被害増加(読売新聞)

 リンゴやミカンなど果物の押し売り被害が増加しているとして、国民生活センターは3日、注意を呼びかけた。

 同センターのまとめでは、果物の訪問販売に関する相談は、2004〜07年度には年間40〜70件程度だったが、08年度は127件、09年度は今年1月末時点で既に145件となっている。

 業者は2人組で訪問することが多く、高価格・大量の果物を購入するよう強引に勧めるのが代表的な手口。味の良い果物を試食させ、購入後に箱を開けると大半が傷んでいた、というケースも。高齢者が被害に遭っているケースが多い。高知県の80代女性は昨年11月、訪れた業者に勧められ1キロ・グラム1400円のミカンを買うことにしたが、実際には10キロ入りの箱を出され、強引に1万円を支払わされた。

 業者の多くは消費者に領収書を渡さないため、業者名や連絡先がわからず、クーリングオフなどの対処が難しいのが実情だ。

 同センターは「ドアを開ける前に訪問の目的を確認し、必要なければきっぱり断って」とアドバイスする。

「組み替え動議」提出へ、22年度予算で自民党(産経新聞)
放浪記 5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
大阪市長、小沢幹事長らに生活保護制度の抜本改正を要望(産経新聞)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
<名古屋ひき逃げ>同乗の3人、処分保留へ(毎日新聞)
[PR]
by tg58ww7c4q | 2010-03-07 21:59
<< 「竹島問題の根拠示せ」拓大教授... きょう午後に集中審議 自民は予... >>